スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【第12回キツネの社mf使用構築】リザクレセマニューラ

社の2日前通話にて、
僕「社の構築ないんですけどどうしましょう・・・最近マニューラ刺さってるんですけど相性のいいポケモンとかいます?」
あんず「マニューラと相性のいいリザYクレセ使いましょう!」

というわけでフォロワーのあんずさんと構築を考え、できたのはなんと社の前日。
そこで試運転を10試合ほど行い、本番に臨みました。

初めてのオフ会で緊張したのですが、なんと7-2で念願の予選抜けを果たしました!
しかし、本戦では1回戦で負けてしまい、悔しい思いをしました。

使用PTはこちらになります。
ダウンロード

詳細は追記から



461_4.png
マニューラ@命の珠
[性格]  意地っ張り
[特性]  プレッシャー
[努力値] 0-252-4-0-0-252
[実数値] 145-189-86-*-105-177
[技構成] 猫だまし/氷の礫/叩き落す/けたぐり

ASぶっぱ

最近、いろんな方がランドクレセドランガルーラの記事を上げていたのを見て、
「その構築マニューラ重くないですか?」
と思ったところからこのポケモンを使用することに決めた。
その読みは当たっており、選出率はそこまで多くないにしろものすごい選出誘導をすることに成功した。
選出誘導をした分、リザクレセの並びが出しやすくなった。
得意不得意がはっきりしており、非常に使いやすいポケモンだと実感した。

陽気だと猫+けたぐりでヒードランを落とせないのを知って、意地っ張りでの採用。
意地っ張りで困った場面がそんなになかったので火力のある意地っ張り良かったと思っている。
努力値はASぶっぱで最速108族抜き(ゴウカザルや3闘)となっている。
マニューラのことが知りたいのであれば、zattoさんの記事を参考にするといいだろう。



006-megaevoly_4.png
リザードン@メガストーンY (実数値and特性はメガ時)
[性格]  控えめ
[特性]  日照り
[努力値] 0-0-52-244-0-212
[実数値] 153-*-105-231-135-147
[技構成] オーバーヒート/火炎放射/ソーラービーム/気合玉

H-B
・・・晴れ下で陽気メガギャラドスの舞滝登りを最高乱数切って耐える(12.5%)
C
・・・素晴らしき11n
S
・・・最速81族抜き

マニューラのつらいフェアリーポケモンや耐久ポケモンに強いことから採用。
有利対面をとればオーバーヒートで負担をかけていく。
メガバナをオバヒで倒したかったので、控えめで使用した。
晴れオバヒでガブリアスを8割ぐらい削る様は圧巻の一言。
努力値振りはこのPT見て、「メガギャラ重いですから、こういう努力値振りどうですか?」と言われたから。
実際、この調整が役に立つことはなかったので、普通にCSでもいいかもしれないが、心持ち楽に行動できたと思う。

技構成は、負担をかけるオーバーヒートと安定して打てる火炎放射、
マニューラのきつい水耐久に打てるソーラービームとバンギなどに打つ気合玉の採用。
しかし、気合玉はリザYのきついポケモンは基本、マニューラの選出誘導で出てくることが少なかったので、それならクチートの不意打ちを透かしつつ、安定して倒せる身代わりを採用したいと思った。(レートでは実際身代わりで使用している)



488_4.png
クレセリア@ゴツゴツメット
[性格]  図太い
[特性]  浮遊
[努力値] 252-0-252-0-0-4
[実数値] 227-*-189-95-150-106
[技構成] サイコキネシス/毒々/スキルスワップ/月の光

HBぶっぱ

リザYの相棒として採用。
リザYの苦手なガブや霊獣ランドやマリルリなどのポケモンを受けてもらう。
HBぶっぱしてるだけあって物理に関しては本当に堅かった。
技構成は、格闘に安定して打てるサイコキネシス、リザYでも落とせないような耐久ポケモンに打てる毒々、回復ソースの月の光、そして相手の特性を入れ替えるスキルスワップである。

スキルスワップの利点を挙げると、
・相手の有用な特性(力持ち、スキン系、天然など)の剥奪
・親子愛など自分で使える特性の強奪

である。
仮眠厨さんのブログにも書いてあったが、
「マリルリに後出し→太鼓 スワップ→じゃれつく 月の光→じゃれつくをジェットの圏内に入るまで繰り返すことでマリルリを処理できる。最悪でも相打ちは取れる」
とある。

これがオフでは功を奏して、何度も相手のマリルリの力持ちを奪うことができ、楽にマリルリを処理することができた。
ほかにも、クチートの力持ちも剥奪して、リザYを不意打ち圏内から外す仕事もしてくれた。
間違いなく今回のオフのMVPポケモン。



645-therian_4.png
ランドロス(霊獣)@拘りスカーフ
[性格]  意地っ張り
[特性]  威嚇
[努力値] 4-220-68-0-4-212
[実数値] 165-212-119-*-101-138
[技構成] 地震/岩雪崩/叩き落す/蜻蛉返り

H-B
・・・陽気ガブリアスの逆鱗を確定3発
A
・・・威嚇込みでH159-B103のメガライボルトを高乱数1発(81.3%)
S
・・・最速メガライボルト抜き

電気ポケモンに上から殴られるのを危惧したため、それを避けるために採用。
調整はメガライボルトを意識したものとなっている。
しかし、オフではメガライボルトどころかライコウにも会わなかったため、調整が役に立たなくて残念だった。
それでも、蜻蛉でサイクル回す仕事と、威嚇を入れる仕事をこなしてくれたため非常に心強かった。



598_4.png
ナットレイ@気合の襷
[性格]  勇敢
[特性]  鉄の棘
[努力値] 252-252-4-0-0-0
[実数値] 181-160-152-*-136-22
[技構成] パワーウイップ/ジャイロボール/ステルスロック/大爆発

勇敢最遅のHAぶっぱ

通話にて
エラー「ランド採用しても電気に弱いし、マニュ使ってるとステロ撒きたくなるから何かいいステロ撒きありませんか?」
あんず「襷ナット使いましょう」
エラー「そ れ だ」

というわけで襷ナットレイを採用した。
ガブなどではランドとタイプが被ってしまうため、ナットにしたというのもある。
基本は先発で出して、ステロ撒いて爆発するだけ。
アローやバシャなどと対面したら爆発から入る。
ほかにも、PT単位できついポケモンは爆発から入る。
なんと、バシャーモもアローも鉄の棘込み大爆発で確定1発!

このポケモンは使っていて、いろんな人から「はあ?」って驚かれたので、それだけでも使う意味はあったと思っている。
もうちょっとうまく使ってあげればよかったと思っているポケモン。



184_4.png
マリルリ@オボン
[性格]  意地っ張り
[特性]  力持ち
[努力値] 228-236-4-0-4-36
[実数値] 204-110-101-*-101-75
[技構成] 滝登り/じゃれつく/腹太鼓/アクアジェット

H
・・・腹太鼓使用時にオボンが発動する2n
S
・・・同族意識に多めに振ってある

この構築の最後に入ってきたポケモン。
サザンドラと水と龍の一貫性を切るために採用した。
しかし、オフではサザンドラに全然合わず、選出を一回しかしなかった。(出した試合も火傷して負けた)
出したい場面もそんなになく、どちらかというとマリルリの役割もクレセリアが兼任していたため、出番は訪れなかった。


【総括】
試運転してる時に気付いたのですが、相手のHロトムとシャンデラ、メガギャラドスがめちゃめちゃ重いです。
しかし、オフではそんなに会わなくてよかったと本当に思ってます。

基本選出は、
・リザクレセ@1
・ナットマニュ@1

という感じです。


最後になりましたが。ギリギリまで構築相談を受けてくれたあんずさん、個体提供をしてくださったるちあさん、育成代行をしてくれた迷家さんのおかげで、オフに間に合うことができたので本当に感謝しています。

さらに、主催のキツネさん、そしてほかのスタッフの皆さん、僕と対戦してくださった皆さん、会場で僕に話しかけてくださった皆さん、ありがとうございました!
皆さんのおかげで社オフを楽しむことができました。

また機会があれば、参加させて頂こうと思います。

ここまで読んでくださってありがとうございました。
それでは、また。


追伸:じるぽけ優勝おめでとう!
君に本当にヒードランを託してよかったと思ってる。



スポンサーサイト

【第127回九尾杯使用構築】ヤミラミゲンガー重力催眠

どうも、エラーです。
今回は第127回九尾杯で使用した構築を紹介したいと思います。
他にもシーズン5、シーズン6で使用しました。

結果
第127回九尾杯:予選6-1、本戦ベスト16
シーズン5:瞬間最高レート1997
シーズン6:瞬間最高レート1738 最高順位32位

という九尾杯でも、レートでも高成績を収めることができました!
九尾杯予選抜けも初だったので、こうやって記事にすることにしました。
参考にした記事はこちらです。
それでは、PTと各個体の紹介に移ります。

ダウンロード



302_4.png
ヤミラミ@気合の襷
[性格]  図太い
[特性]  悪戯心
[努力値] 252-0-212-0-0-44
[実数値] 157-*-134-*-85-76
[技構成] 鬼火/挑発/メタルバースト/重力

調整はA0さんのヤミラミから

PTの軸となるポケモンその1。
理想としては、襷で一発耐えてメタルバーストをすることで、こちらの重力ターンの管理を簡単にすること。
メタルバースト読みや、重力脱出の時間稼ぎで補助技をしてくるタイミングで挑発を打てるのがベスト。
初手に出てきやすいミトムやゲンガーは補助技から入ってくることが多いので挑発から入る。
しかし、鬼火は打っていい時と悪いときが存在し、非常に扱いが難しいポケモンでもあった。



094-megaevol_4.png
ゲンガー@メガストーン (実数値and特性はメガ時)
[性格]  臆病
[特性]  影踏み
[努力値] 0-0-0-252-4-252
[実数値] 135-*-100-222-116-200
[技構成] 祟り目/気合玉/催眠術/身代わり

CSぶっぱ

PTの軸となるポケモンその2。
ヤミラミがメタルバーストで1匹倒した後、重力をして出てくるのが理想。
しかし、重力下のターンは4ターンであり、そこからの行動をどう決めるのかが重要。
自分が出した裏のポケモンにもよるが、ゲンガーが倒されても良いのかを考える必要がある。

例えば、こちらゲンガーで裏が霊獣ランドロス、相手がゲンガーで倒せるポケモン裏ガブリアスの場合は、霊獣ランドロスがガブに勝てるので身代わりを貼らずに突破しても構わないが、裏がゲッコウガの場合は、襷の場合ランドロスで勝てないので一発ゲンガーで殴らないといけないので、身代わりを貼る必要があるといった具合である。
重力ターンもあるので、催眠で眠らした後に身代わりすると、最速起きされて身代わりが壊され、素催眠を打たなければならないといった状況になってしまうため、必ずしも身代わりが安定するとは限らない。

このように、重力下での行動をつらつらと書いてはいるが、眠らせてしまえば催眠祟り目のタイマン性能には目を見張るものがある。
そういう点では、すごく使いやすかったポケモンではある。


645-therian_4.png
ランドロス(霊獣)@拘りスカーフ
[性格]  陽気
[特性]  威嚇
[努力値] 4-212-52-0-4-236
[実数値] 165-192-117-*-101-155
[技構成] 地震/岩雪崩/叩き落す/蜻蛉返り

H-B
…陽気ガブリアスの逆鱗を最高乱数切って3回耐える
S
…準速スカガブ抜き

重力催眠の相性のいいスカーフ地震の打てる枠。
このPTの弱いスカガブや、先発に出てきやすいゲンガーなどに勝てる点で優秀。
スカガブなどと違い、威嚇を撒け、地震を透かせるところもGOOD。
重力下なら、たとえ相手がWロトムであろうと、リザードンYであろうと、ボルトロスであろうと地震で確定1発。



243_4.png
ライコウ@食べ残し
[性格]  臆病
[特性]  プレッシャー
[努力値] 220-0-4-20-12-252
[実数値] 193-*-85-138-122-183
[技構成] 10万ボルト/めざめるパワー(氷)/瞑想/身代わり

H-D
…無振りクレセリアのサイコキネシスを最高乱数以外で身代わりが耐える
C
…瞑想1積みめざ氷で無振りガブリアスが最低乱数以外で確定1発

上記の3匹できついロトムやポリゴン2やファイアローのために採用。
この2匹以外にも、電気全般や特殊火力に乏しいポケモンを起点にする。
重力催眠が出せないポケモンに基本強いので、すごく重宝した。
反面、呼ぶバンギなどに起点にされやすいため注意の必要がある。
ライコウでボルトなどを突破した後、バンギに舞われて負けるなどの試合が多くあったので、身代わりを電磁波に変えてもいいかなと思った。



130-megaevol_4.png
ギャラドス@メガストーン (実数値and特性はメガ時)
[性格]  意地っ張り
[特性]  型破り
[努力値] 0-252-0-0-0-252
[実数値] 171-207-129-*-150-146
[技構成] アクアテール/氷の牙/地震/龍の舞

ASぶっぱ

遂行速度を高める意地ASメガギャラドス。
だが、ゲンガーが抜けずに苦い思いをしたこともあったので陽気の変更も視野。
PT単位でつらいゲンガーやゲッコウガ、ハッサムなどを起点にする。
エルフーンやガブにも打点の取れる氷の牙採用の3ウエポン。
もちろん身代わりが欲しい場面もあったが、切る技がないので仕方ない。



700_4.png
ニンフィア@チョッキ
[性格]  控えめ
[特性]  フェアリースキン
[努力値] 164-0-76-240-4-24
[実数値] 191-*-95-176-151-83
[技構成] ハイパーボイス/めざめるパワー(炎)/サイコショック/電光石火

振り方はここと一緒

ドラゴンの一貫性を切るためと、特殊受けで採用。
重いハッサムに打点をとれる(ついでにナットレイ)めざ炎採用。
ニンフィアはとても強かったが、ライコウと役割が大分被っているため選出はそんなにしなかった。
実はここの枠はいろいろ変わっており、このポケモンで確定というわけではない。
いろいろ試行錯誤していきたい枠である。



【課題&感想】
基本選出
・ヤミゲンランドorヤミゲンライコウ
・ライコウギャラ+1

つらいポケモン&構築
・エルフーンやクレッフィなどのヤミラミよりも早い悪戯心
・竜舞メガバンギラス、メガギャラドス
・ハッサム
・受けループ(特にハピナス入り)
・バシャーモ
・ゲッコウガ

このあたりでしょうか。
上記のポケモンを見ると、表選出が出しづらく裏選出で対応しなければいけません。
少しでも選出を読み間違えると、負けにつながってしまうこともあります。
さらに、重力ターンの管理もあり、非常に回しづらい構築でした。
しかし、重力催眠が決まった時の制圧力はすさまじく、使ってて楽しくもありました。
ニンフィアの枠というか、裏選出をもう少し煮詰めて行きたいのと、ほかの重力要員での重力パも考えたいなと思いました。

ここまで読んでくださってありがとうございました。
それでは、また。

テーマ : ポケットモンスターX・Y
ジャンル : ゲーム

プロフィール

エラー

Author:エラー
TwitterID:@NotWither_World
BW2最高レート1642
XY最高レート1997
ORAS最高レート2018
SM最高レート1988
サイクル戦信者だった

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。