スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【構築草案】トノラグ雨


準伝厳選しながらSDすることが最近の日課になっています。
この構築を考えることに割と疲れたので、決別するためにも記事に残すことにしました。
SDでしか使用していないので、レートとは少し意見などが異なりますがご了承ください。

並びは以下の通りです。

ダウンロード (1)


詳細は追記から



186.png
ニョロトノ@眼鏡
[性格]  控えめ
[特性]  雨降らし
[努力値] 204-0-0-252-0-52
[実数値] 191-*-95-156-120-97
[技構成] ハイドロポンプ/波乗り/冷凍ビーム/滅びの唄

配分は借り物。
主に初手に繰り出して眼鏡で負担をかけてラグラージを動かしやすくする。
トノラグの並びを見ると、全員が火力がないと思い込んでいるのか、ポリ2やミトムが異常に出てくる。
だが、こちらは眼鏡なので雨ハインプや波乗りですごい負担をかけれる。
というか、ポリ2は波乗り2発で倒れていく。
使っててすごく楽しかったポケモンなのでいつか使いたい。
メガラグラージではなく、この子がうちのエース。



260.png
ラグラージ@メガストーン (実数値はメガ前)
[性格]  意地っ張り
[特性]  湿り気→すいすい
[努力値] 124-252-12-0-20-100
[実数値] 191-178-112-*-113-93
[技構成] 滝登り/地震/冷凍パンチ/守る

配分は借り物。

主にトノと一緒に選出することが多い・・・・と言いたいところだが選出率は一番低い。
ミトムやスイクン、ナットレイに勝てず、なおかつそいつらは出てくるので出せなかった。
水の一貫がある構築には強いが、それ以外の構築には全然刺さってなかった印象。
オムスターみたいに火力があるわけでもなく、5世代のグドラみたいに一貫性があるわけでもない。
なのでつらい相手が多かった。
可能性は感じたのでもう少し考えてみたいが、気力がない。



282m.png
サーナイト@メガストーン (実数値はメガ前)
[性格]  臆病
[特性]  トレース→フェアリースキン
[努力値] 0-0-4-252-0-252
[実数値] 143-*-86-176-135-145
[技構成] ハイパーボイス/サイコショック/めざめるパワー(地)/身代わり

第二のうちのエース。
ガルーラやリザードンと同速勝負を仕掛けたかったので最速。
ラグラージが出せないメンツに軒並み強いので採用した。
ラグラージをほとんど出さなかったのに対して、こいつはほとんど出した。
初めて使ったけどニンフィアと違って上から打てるハイボがすごく強かった。
使ってて楽しかったのでまた使いたい。



645-therian_4_20141208215146631.png
ランドロス(霊獣)@ゴツゴツメット
[性格]  腕白
[特性]  威嚇
[努力値] 196-4-236-0-4-68
[実数値] 189-166-154-*-101-120
[技構成] 地震/岩石封じ/蜻蛉返り/ステルスロック

ガブリアスや霊獣ランドに投げれるゴツメランドを採用。
雑に物理に投げても強いので、非常に活躍してくれた。
ステロ+ラグの地震でガルドが確定なので積極的に出していきたいが、
トノラグランドという選出がミトム重すぎて出すことはなかった。
トノラグにステロは強いと思ったのでこいつじゃなくてナットレイとか使えば強かったかもしれない。



286.png
キノガッサ@毒毒玉
[性格]  陽気
[特性]  ポイズンヒール
[努力値] 156-0-100-0-0-252
[実数値] 155-150-113-*-80-134
[技構成] 気合パンチ/マッハパンチ/身代わり/キノコの胞子

技構成にヤバさを感じるキノガッサ。
トノラグでつらいガッサやナットに強く出せるようにこの技構成。
主にトノラグと同時選出をする。
この枠はオーロットっで使ってた時期もあったが、負担をかけれない等の理由でこのポケモンになった。
キノガッサの気合パンチは使ってて楽しかった。



233_4.png
ポリゴン2@進化の輝石
[性格]  図太い
[特性]  アナライズ
[努力値] 244-0-252-0-12-0
[実数値] 191-*-156-125-117-80
[技構成] イカサマ/冷凍ビーム/10万ボルト/自己再生

ここまでで重いマンダアローやガルドゲッコウガに投げる枠として採用。
マンダの捨て身をランドの威嚇で受けたり、アローを余裕持って受けきるためにBに振り切った。
火力ないので少し火力あげるアナライズ。
10万ボルトはアローへの遂行速度を上げるために採用。
トレースよりアナライズの方が使いやすくて火力のある受けとして使えたので、これからも使っていきたい。



【総括】
トノラグ選出したのがそんなになく、トノサナランドの選出がほとんどだった。
今が物理環境でガルーラやマンダみたいな火力をだせないので、そのついでみたいな感じで受けられることが多かった。
つらいポケモンはメガミミロップ、フシギバナ、ナットレイ(多分まだいると思う)
トノサナランドが使いやすかったので、次は似たような並びを考えていきたいと思う。



何か質問などありましたらTwitter(@denki_error)までお願いします。
それでは、また。
スポンサーサイト

テーマ : ポケットモンスター オメガルビー・アルファサファイア
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

エラー

Author:エラー
TwitterID:@NotWither_World
BW2最高レート1642
XY最高レート1997
ORAS最高レート2018
SM最高レート1988
サイクル戦信者だった

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。