fc2ブログ
メモ

【構築メモ】ミミロップ軸カバリザガルド

0 0
完全にshowdawnプレイヤーと化してしまったエラーとかいうやつ。
構築消すのでメモとして残します。

構築

<経緯>
ミミゲコマンダやガッサコケコといった高速ポケモンに対して優位に立ち回ることの出来るミミロップを軸に構築をスタート。
そしてミミロップでは対処のしにくいギルガルドメタグロスなどの鋼勢に強いリザードンとカバルドンを採用。
スカーフテテフのストッパーであり、耐久ポケモンを倒せるギルガルドを採用。
ギャラドスリザードンに対面から勝つことができ、ミミロップで対処のしにくいカバルドンに出せるレヒレ、
積みサイクルのストッパーであるミミッキュを採用し構築は完成した。


<個体紹介>
n450.gif
カバルドン@ゴツゴツメット
[性格]  腕白
[特性]  砂起こし
[努力値] 252-0-252-0-4-0
[実数値] 215-132-187-*-93-67
[技構成] 地震/氷の牙/欠伸/怠ける

物理受け枠。
メタグロス、ミミッキュを圧倒的耐久から受け出しを行う。
基本上記2体いた場合はほぼ選出する。
このポケモンがいるのといないとではミミッキュへの安心感が全く違う。
氷の牙はボーマンダ、霊獣ランドを相手するのに必須。


n6x.gif
リザードン@リザードナイトX (メガ後数値)
[性格]  意地っ張り
[特性]  硬い爪
[努力値] 0-252-4-0-0-252
[実数値] 153-182-132-*-105-167
[技構成] フレアドライブ/逆鱗/雷パンチ/竜の舞

ミミロップの苦手な鋼を倒すために採用。
だが、そもそもミミロップが出せないときにこのポケモンを出すかと言われればそうでもない。
理由は、単純に対策されていることがほとんどだからで、
物理受けにはどっちにしろ何も出来ないのでこの枠はもうすこし検討すべきであると感じた。
ギャラドスレヒレに通せる竜の舞雷パンチ採用型。


n681.gif
ギルガルド@食べ残し (実数値はシールドフォルム時)
[性格]  冷静
[特性]  バトルスイッチ
[努力値] 236-4-12-204-52-0
[実数値] 165-71-172-105-177-72
[技構成] 影打ち/シャドーボール/毒々/キングシールド

テテフの一貫切り兼耐久ポケモンを崩す枠。
しかしテテフがいないときの選出率は低く、出しても活躍させてあげれなかったりと非常に扱いが難しかったポケモン。
ノーマル耐久の相手はミミロップで間に合っており、
なおかつ相手のボーマンダが重かったのでこの枠ももうすこし検討が必要。


n428m.gif
ミミロップ@ミミロップナイト (メガ後数値)
[性格]  陽気
[特性]  肝っ玉
[努力値] 4-252-0-0-0-252
[実数値] 141-188-114-*-116-205
[技構成] 猫騙し/恩返し/飛び膝蹴り/冷凍パンチ

構築の軸。
高速低耐久アタッカーにめっぽう強くゲコミミコケコみたいな構築にはほぼ選出した。
しかし、受け気味の構築には弱く、特にエアームドやゴツメっぽいカバルドン、ドヒドイデがいるだけで選出ができない。
そこはうまく裏でカバーしてやれば非常に強いポケモンであると感じた。
こういうポケモンをゲンガーでどうにか突破しようとしている構築には勝率100%だった。


n788.gif
カプ・レヒレ@ミズZ
[性格]  控えめ
[特性]  ミストフィールド
[努力値] 172-0-0-196-0-140
[実数値] 167-*-135-154-150-123
[技構成] ハイドロポンプ/ムーンフォース/瞑想/挑発

ギャラドスカバルドンなどのミミロップで対処のしにくいポケモンが見えたら100%選出する。
コケコやガッサに隙を見せる弱点をうまくミミロップを通すことでこのポケモンの幅が広がる。
選出率は一番高く、今後レヒレを使っていくならこの型だと再確認した。


n778.gif
ミミッキュ@気合いの襷
[性格]  意地っ張り
[特性]  化けの皮
[努力値] 4-252-0-0-0-252
[実数値] 131-156-100-*-125-148
[技構成] シャドークロー/じゃれつく/剣の舞/影打ち

積みサイクルのストッパー枠。
レヒレと同時選出することが多かったため襷での採用。
ミミロップを上から倒そうとしている構築にはこのポケモンがめちゃくちゃ刺さる。
文句の付け所のない最強ポケモンだった。



<基本選出>
ミミロップ+レヒレ+ミミッキュ
ミミロップ+カバルドン@1
リザードン@2


<反省点>
ミミロップが受け気味の構築に勝てない弱点をうまく補えなかったのが反省点。
リザードンをそういう構築を倒すために採用したつもりだったが、ヌオー入り受けループや
ラキムドードヒドイデの並びに勝てないことが多くリザードンの枠は要検討。
ミミロップ+レヒレ+ミミッキュという選出は対面構築相手の勝率はとても高く完成度が高かった。
逆に裏のポケモンを煮詰めればこの構築はもっと成長していけると感じた。






スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply